【本気でおすすめ】最強のロードバイクの鍵3選!

こんにちは、せいやです!

みなさんは自転車の盗難対策を怠っていませんか?

 

自転車は高価な物にも関わらず、外にむき出しで置いてあります。

自転車と違い、車はそう簡単に盗むことは出来ませんが、自転車は軽い上に簡単に分解も可能なため、逆にパーツだけ盗られる可能性もあります

 

今回はみなさんに、僕が使う自転車の盗難防止におすすめの鍵を3つ紹介します!

自転車の鍵に求められること

僕はロードバイクに乗っているのですが、ロードバイクは年々軽量化が進んでいます。

僕のロードバイクは約9kgで片手で簡単に持ち上げることが出来ます。

 

軽量化し、速くなったり、持ち運びに便利になったりとメリットもありますが、その反面盗難しやすくなっているというデメリットもあります。

 

そのため盗難防止には鍵が必須になってきます。

しかし、街中では簡単に切られてしまう様な細い鍵がかけられた自転車をよく見かけます。

下の動画はロードバイク盗難の瞬間です。

こうもあっさり盗難されてしまうと思うと、高価なロードバイクをお持ちの方は不安でしょうがないかと思います。

 

ただ鍵をかければ良いというわけではありません。

鍵に求められる条件としては、

  • 工具などで簡単に切れない
  • タイヤ・サドル・ハンドルなどを分解されない

これらを満たすためには、簡単に切れない鍵で、

前輪+フレーム、後輪+フレームを繋ぎ、さらに地球ロックをしなければなりません。

これでもサドルやハンドルまではロックしきれません。

また、止めるたびに何個もの鍵を毎回つけるのは面倒でしかありません

 

そこで僕が考える、鍵に求められるもう3つの条件は

  • パーツを分解されないネジを装着しておく
  • 自転車に触れた際に警報音が鳴る
  • 盗難されてもGPSで追跡可能

 

この条件を満たせば、一個の鍵で地球ロックをするだけで完璧なロックをすることが可能です。

地球ロックが出来なくても、警報音が鳴り、さらにGPSで追跡できれば、万が一盗難されても発見しやすくなります。

 

そんなロックが出来るのかと思う方もいるかもしれませんが、僕が実際に使用している3つの商品を紹介していきます!

物理的な鍵で最強のABUS Bordo Granit X-Plus 6500 

まずは基本的な「物理的な鍵」からご紹介します!

物理的な鍵には主に下記の4種類があります。

  • ワイヤーロック
  • チェーンロック
  • U字ロック
  • ブレードロック

この中でも強度が高い鍵はU字ロックとブレードロックです。

U字ロックの方が一般的に強度は高いと言われているのですが、持ち運びにはかなり不便です。

また、U字ロックは形状が固定されているため、自由度が低く、場合によっては地球ロックが出来ない可能性が高いです。

 

そこで僕がオススメするのは「ブレードロック」です。

 

ブレードロックであれば、持ち運び易さ強度自由度を兼ね備えたバランスのいい鍵です。

その中でも僕がオススメするのはABUSの「Bordo Granit X-Plus 6500」

 

ABUSはドイツのブランドでヨーロッパシェアNo.1、おそらく世界で最も有名な鍵メーカーです。

ABUSにはセキュリティレベルが15段階あるのですが、その中でも「Bordo Granit X-Plus 6500」は最強のレベル15です!

 

この鍵であればよっぽどのことがない限り壊されることはないですし、見た目はコンパクトで持ち運びしやすいですが、広げれば6倍ほどの長さになり、連結部分が柔軟に動くため地球ロックもしやすいです。

また、ABUSの鍵は2年間の盗難保証があります。

鍵を適切に使用していたのに、壊され盗難された場合、最大で10万円の盗難見舞金が貰えます。

逆に言えばそれくらい、ABUS社は自信を持っているということですね!

その自信があるなら、ABUS社を信じて、盗難保証なしでもいい!

と言う人は、amazonでかなりお買い得で買えるので是非オススメです!

パーツを分解防止するHEXLOX

物理的な鍵で自転車をロックしたとしても、一つの鍵ではフレームとタイヤをまとめて地球ロックが限界というところです。

ある程度の強度で、これ以上まとめてロックしようとすると、鍵の数がさらに必要になるか、持ち運べないくらい大きな鍵が必要になってきますが、それは現実的ではありません。

 

しかし、最近のロードバイクのパーツはサドルやホイールだけでも、それなりに高価な物が多くなっているため、パーツだけの盗難も多発しています。

 

その対策として僕が使用しているのが「HEXLOX」です。

HEXLOXを使えば、キャップボルトに埋め込むことで、自分にしか外せないネジにすることが出来ます。

そのため、多くの鍵を持ち運ばなくてもサドルやホイール、ハンドルまでしっかりと盗難から守ることが可能です。

 

ABUSの鍵と合わせてHEXLOXを使えば、ほぼ無敵と言っても過言ではありません。

警報音&GPS追跡用のAlter Lock

正直、上記2つの鍵だけでもほとんどの確率で盗難されることはないかと思います。

しかし、どんな鍵でも完璧はありません。

 

そこでさらなる鍵というのが、「人の目」です。

正直、これが一番効果のある「見えない鍵」です。

 

自分の目で常に監視することが出来れば一番良いのですが、そんなことをしていたら何も出来ません。

 

そこで活躍するのが「Alter Lock」です。

これを装着しておけば、誰かが盗難しようと自転車に触れた時に警報音がなります。

 

警報音がなれば、自分の目ではなく「他人の目」を活用して自転車を見えない鍵でも守ることが可能です。

これほどの盗難対策はありません。

 

さらにAlter Lockには「GPS機能」もついています。

万が一、警報音もなっている中、頑丈なロックまで破壊されて盗難されても、GPSでスマホに位置情報を把握することが可能です。

 

これがあれば盗難された自転車も取り返すことも可能です。

さらに、盗難したクソ野郎も捕まえることが出来るかもしれません。

 

まとめ

僕が実際にしている3つの鍵をご紹介しました!

自転車の盗難対策に完璧というのはありません。

しかし、出来るだけ盗難されにくい様に対策しておくことは出来ますし、必須です。

 

  • ABUS Bordo Granit X-Plus 6500
  • HEXLOX
  • Alter Lock

 

この3つの鍵を使えば、1つの鍵をかけるだけ、フレームからサドル、ハンドル、ホイールまで全て守ることが出来る上に、盗難されてからの追跡まで可能です。

 

是非みなさんもこれらの鍵を使って愛車の盗難対策をしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です